スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

日研科の学生、2人日本へ

2010年10月04日




あしなが育英会と国立アイルランガ大学の協定によって、9月1日ー21日(3週間)、我が大学の学生2人、日本を訪れました。マルリア・クリスティアンさん(4年生)とアディティアさん(3年生)は、アイ大の代表として、あしなが育英会奨学生たちの「つどい」に出席し、ほかの日本人の学生たちや留学生たちとの交流を深めました。そのほかのプログラムは、東京と関西の遺児たちの施設訪問や観光などでした。今回の日本への訪問にご協力していただいたのは、あしなが育英会をはじめ、ガルダ・インドネシア航空会社とアイ大人文学部です。「日本への訪問はどうでしたか。」と聞かれたときに、お2人はそろえて、「とてもよかった。大変勉強になりました」と答えながら、あしなが育英会の皆さんに感謝の気持ちを伝えました。  

Posted by Japanology at 21:18Comments(0)

日研科、第一号の卒業生を

2010年10月04日




2010年7月27日、我が大学の日本研究学科は、第一期生の卒業生を送り出しました。この日、プリマ・デウイさんは、無事、口答試問を終え、第一期生の中、最初の卒業生になりました。プリマさんの卒業論文のテーマは「スラバヤ市の若者における実存的表現ーコスプレコミュニティに対する実存主義的研究」でした。スラバヤ市のコスプレコミュニティ"コスラ"を中心にして、研究調査が行われました。口答試問の中で、プリマさんは積極的に日本語とインドネシア語で、先生方の質問に答えました。「卒業後の予定は何ですか・」と聞かれたときに、彼女は「スラバヤ市の公務員試験を受けてみたいです」と。プリマさん、卒業おめでとうございます。これからも頑張ってくださいね。応援してます。★  

Posted by Japanology at 21:03Comments(0)