International Symposium 2008

2009年01月02日

【東南アジア文化における国際シンポジウム】2008年12月11日(金)、アイルランガ大学人文学部において、国際シンポジウムが開催されました。そのシンポジウムのテーマは、東南アジアにおける言語、文化と国際化でした。東南アジア、日本、オーストラリアおよびアメリカ合衆国から大学教授、研究者の方々が多くご出席されました。本学科からは、アントニウス先生と、ヌヌック先生が発表されました。アントニウス先生の発表テーマは、「東南アジアにおける太平洋戦時下の日本文学者の関与について」で、ヌヌック先生のテーマは、「インドネシアー日本の異文化理解~日本社会におけるインドネシアのイスラム教徒の位置づけ」でした。その二つのテーマは、日本とインドネシアの文化および歴史を理解するうえで、とても興味深いものでした。興味を持った方がいらっしゃいましたら、その二人の先生までご連絡ください。
Pada tanggal 11 Desember 2008 telah diselenggarakan simposium internasional di Fakultas Ilmu Budaya Universitas Airlangga. Tema simposium tersebut adalah “Bahasa, Kebudayaan dan Globalisasi di Negara-negara Asia Tenggara”. Presenter yang hadir terdiri dari para dosen dan staf peneliti dari Negara-negara Asia Tenggara, Jepang, Australia, dan Amerika Serikat. Staf dosen Departemen Sastra Jepang yang melakukan presentasi makalah penelitian pada symposium tersebut adalah Bapak Antonius R. Pujo Purnomo, M.A. dan Ibu Nunuk Sri Endah Mulyani, S.S. Judul makalah penelitian Bapak Anton adalah “Seputar Keterlibatan Para Sastrawan Jepang Dalam Perang Pasifik di Asia Tenggara”. Sedangkan judul makalah Ibu Nunuk adalah, “Perbedaan Budaya Indonesia-Jepang; Bagaimana Muslim Indonesia menempatkan diri”. Kedua tema penelitian tersebut sangat menarik untuk dipelajari. Jika ada yang berminat untuk membaca makalah tersebut, silakan menghubungi kedua staf pengajar tersebut.



Posted by Japanology at 12:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
International Symposium 2008
    コメント(0)