先生方、ありがとうございました。

2011年04月02日




(スラバヤ、2011年3月21日)3月17日、人文学部2階の会議室にて、あしなが育英会の榊原真紀さん(県立広島大学、3年生)、ならはら望さん( 長野県、清泉女学院大学、3年生)と本学科の教員ヌヌック・スリムルヤニ先生の送別会が開かれました。あしなが育英会の榊原真紀さんとならはら望さんは、昨年の5月から10ヶ月ほど、本学科のティーチング・アシスタントとして勤めてくださいました。4月からそれぞれの大学へ勉学に戻ります。スラバヤでの思い出が胸にたくさんあると思いますが、その思い出や体験などを大切に、今後の人生に役立てて行ってほしいと思います。
一方、ヌヌック先生は大学院へ進学するため4月から千葉大学へ旅立ちます。ヌヌック先生を含め、現在日本に研究中(留学中)の教員は5人になり、残っている教員は5人とJICA派遣教員が1人で、非常に厳しい状況です。
榊原真紀さん、ならはら望さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。
ヌヌック先生、ご研究も大切ですが、どうぞお体にお気をつけて頑張ってください。




Posted by Japanology at 21:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
先生方、ありがとうございました。
    コメント(0)